ダンスファン

パソコンで楽しむもうひとつの"ダンスファン"

メニュー

ニュースNEWS

【製作総指揮・大西大輔先生のコメントで振り返る】舞台公演『FOCUS』

 先月4月8日(土)・9日(日)に行われた舞台公演『FOCUS』。JBDFプロラテンA級として第一線で活躍し、ダンスファン誌面上で「ステッピーのファンページ」を連載している大西大輔先生が製作総指揮・脚本・構成を務めた舞台で、社交ダンスと元宝塚スター、他ジャンルのダンサーとの共演など、それぞれの魅力がたっぷり詰まったエンタテインメントショーとなりました。現在発売中の本誌6月号でも本公演のレポートを掲載しています。
 今回はこの公演を終えた大西先生の、誌面に掲載しきれなかったコメントを特別掲載いたします。(写真=澤田博之)

AS8P4838.jpg
舞台の1シーンより。

※以下、大西大輔先生によるコメントです。

公演の趣旨・意図

 競技会やデモンストレーションとは違う社交ダンスの素晴らしいショーをたくさんの人に見てもらいたい。社交ダンスを見たことがない人にこのダンスの凄さを知ってもらいたい。……このような思いから、宝塚、テレビタレント、他ジャンルのダンスなどいろいろな要素を取り入れた今までにない新しい社交ダンスショーを作りました。

 加えて、社交ダンス界からダンサーや振り付け師、演出家として、他のエンターテイメント業界でも活躍できる人材を輩出したいという思いもありました。

AS8P3088.jpg
大竹辰郎先生(左)と大西大輔先生(右)。

 今回、メインで振り付け演出をお願いした大竹辰郎先生は素晴らしい振り付けをしてくださり、私自身もこの舞台を通して演出についてとても勉強させていただきました。

AS8P5181.jpg
日本舞踊やバレエなど他ジャンルのダンスとの共演も。

ストーリーや踊り・構成などで心がけたこと

 まずは単純に面白いストーリーを作ろうと。主役を宝塚の方にお願いしようというのは早い段階で決めていたので、セリフのあるお芝居にし、ダンスで表現しきれない部分を補っていきました。お芝居で引き込みダンスで魅せる。どの瞬間も飽きさせないようお芝居とダンスのバランスには特に気を遣いました。

 また、主演の桐生園加さん(元宝塚男役)、華耀きらりさん(元宝塚娘役)には出演ダンサーに対して積極的にお芝居の指導をしていただいて。お2人のお芝居のアドバイスは私も含めダンサーにはとても新鮮で、それらを必死にこなしていくうちにそれぞれに技術として取り込まれ、結果的にダンスの表現部分においても進化を見ることができたと思います。

AS8P3560.jpg
主演の華耀きらりさん(左)、桐生園加さん(右)。

 通し稽古時はすべてのダンサーに毎回、自分のシーン以外も見てもらい、常にストーリー全体の中の自分の役どころを把握してもらいました。お芝居は常に周りの演者とつながりを持ち、誰かのアクションが変更になるとそれに関連するリアクションも変わってきます。社交ダンサーは通常2人でコネクションを作りますが、今回は舞台を通して44人のキャストでコネクションを作ってもらいました。

 振り付けは大竹先生を中心に織田慶治先生、成田雅延先生にもお願いし、ワルツやチャチャチャといった既存のステップを当てはめるのではなく、ストーリーやキャラクター、心の動きを意識した振り付けをお願いしました。どれも難しい要望にもかかわらず、しっかりとこなしていただきました。

公演を終えた感想

 「バーン・ザ・フロア」や「DANCE WITH ME‼︎」など、舞台公演は社交ダンス界が新しく切り開くことができる分野。この舞台の製作にあたり常に頭にあったのは、誰が見ても(社交ダンスを知らなくても)面白い舞台にするということでした。社交ダンスを面白く観せるのではなく、面白い舞台を社交ダンスで作る。「最初に舞台有りき」。なので社交ダンスのルールや既存概念に囚われず自由な発想で構成し振り付けし演じることができる。今回の成功はそれができるキャストが集まったことが一因だと思います。

 また、いろいろなコラボを取り入れることで社交ダンスの多様性、柔軟性を証明できたのではないでしょうか。

AS8P3874.jpg
出演キャストのみなさん。

今後の予定

 社交ダンスは長い歴史と伝統、確立した技術や組織体系を持つ素晴らしいダンスです。それらを守りつつ、ハイブリッドに他業界との繋がりを広げていく。舞台公演に限らず自由な発想でこれからも社交ダンスの普及に努めたいと思います。

●大西大輔(おおにし・だいすけ)先生プロフィール
…現役プロ競技ダンサーでありながら、過去にテレビ番組『ボールルームスターズ』の総合プロデューサーとしても活躍。『ステッピー』の生みの親でもある。パートナーは大西香織先生。JBDFプロラテンA級。「STARS DANCE STUDIO」経営・指導。

※本公演のレポートは本誌2017年6月号にて掲載しています。
※大西大輔先生は毎号本誌にて『ステッピーのファンページ』を好評連載中です。​


 

ニュース一覧
PAGE TOP
Copyright © 2017 株式会社白夜書房(Byakuya-Shobo Co.Ltd) All Right Reserved.